みなさんはaedというものを知っていますか?英語でAutomated External Defibrillatorといい、日本語で言うと自動体外式除細動器という名前です。
この名前だけを見るとなんだか大変に難しそうな印象を受けます。
さて、このaedが一体どんな役割を持っているのでしょうか。

aedが設置されている最も大きな理由は、心肺停止患者が発生した場合に、aedを用いた応急手当を行うことで、心肺停止による死傷者を減少させるためです。
以前どこかの学校で、心肺停止した生徒がなくなったというようなニュースも聞いたことがあると思います。
心臓発作が起こった場合、すぐに応急処置をしないと一分ごとに助かる可能性が下がっていくと言います。
我々が呼吸を長くは止めていられないのと同じように心臓も何分も動きを止めていられないのです。
心臓が停止し、脳に酸素がいきわたらなければ、脳にも障害が発生する可能性があります。
そのために、心臓発作が起こった場合には応急処置が生死を分けることになるため何よりも大切となるのです。
早く処置した場合には後遺症などが残らないことも多いです。
救急車が到着するまでの短い間に我々がいかに対応するか、これが心臓発作の患者を救う方法なのです。

こうした心臓発作の特徴を踏まえると、なるべく多くの場所にaedを設置する必要があるのがわかるでしょう。
そのため最近では多くの施設においてaedを見受けるようになりました。
自分の利用する駅において見かけるという人も多いのではないでしょうか?
しかし、ただ設置をしただけではあまり意味がありません。
我々市民が自由自在にそれを使いこなせなければなりません。
最近のaedは、カバンを開けるとその使用方法が記載されているので、それに従えばだれでも比較的容易にaedを使用することができます。
とはいっても、やはり日常で一度は訓練を行っていないといざというときに体が動かないものです。
aedを使用するだけでなく、人工呼吸の必要性などもあるので心肺蘇生のプロセスは決して簡単ではありません。
自治体や消防、病院などでもaedの使用方法の講習を行っているケースもあるので、大人は必ず受講しておくべきだと思います。
特に子どもがいる親御さんは、自分の子供がいつ心肺停止するかわかりません。
自分の子供の命を守るためだと思えば講習に参加するべきだと思えるのではないでしょうか。

このようにaedが果たす役割は非常に重大なものです。
市民1人1人の力によって患者が救われるかどうかが決まってきます。aedについて詳しく知っておきましょう。