aedは心停止状態に使うというものですが、止まった心臓を動かすという装置と勘違いしがちですが、aedは心臓がけいれんを越した状態に対して、電気ショックを与えて正常な状態へ戻すという医療機器になります。
心臓が止まっている状態は直ちに心臓マッサージを行う事です。

元々aedは、資格保持者のみ使用が認められていましたが、2004年から一般の方でも使用可能になるという事が認められました。
その理由は、救急隊が駆けつけてからのaedを使用しても、助かる可能性が落ちてしまうからです。
救急隊が駆け付けるまでの間にaedを使用することで、多くの命が助かるという理由から使用が認められました。

aedを使用する際に音声案内も合わせて行われるので、使用方法はとても簡単に行えるように作られています。
aedにも種類が複数存在していますが、その基本の使い方はどの機種でも、簡単に使えるようになっています。
aedの使い方は簡単で、電源を入れる事とパッドを胸に2か所つけ、最後に電気ショックを流す。
という動作になっています。

電源に関しては、自分で入れるタイプや自動で入るタイプが存在しています。
一連の動作を行うために、音声案内があるので焦らず行えば必ず出来るようになっています。
音声が聞き取ることが出来なくても、絵が描いているためにどのような動作を行えばよいか判断することが可能になっています。

最後に、電気ショックを流すという動作なのですが、医療の心得がない場合はこの電気ショックを流す判断を迷ってしまいますが、aedはその判断を心電図を読み取り自動で行い、必要かどうか教えてくれるという機能があるので、誰でも使うという事を可能にしています。
作業する人は、案内に沿ってaedを使える状態にするだけになっています。

aedを設置に関しても、導入もしやすくなってきています。
aedを購入する際は数十万という価格帯とかなりの高額な部類になるのですが、aedをレンタルするという事も可能になり、長期間であればメンテナンス込みで月額費用が抑えられるという事もあり、企業以外にも個人店でも利用するという事が増えてきています。

最近では、個人での利用も可能です。
イベントに対してaedをレンタルし万が一に備えるという事が可能です。
短期間に手元に置いておく事が出来る事でで様々な条件でaedを設置するという事が可能になっています。

aedがどんなものかという事を知っているだけでも、大切な命を助けられるという事につながります。